2018年01月28日

独立開業をするということ

どんな職種でも、開業するというチャンスはあり、個人的には賛成だ。

やりたい仕事で独立する。そういうシンプルな発想が世の中にはあったほうがいい。

勤めている方が何かと安心に見えると思うし、実際そういう部分は多い。
ブラックだなんだと企業側のコンプライアンスが責められる昨今において、雇用する側の安全は確保されやすい状況はある。
もちろん、まだまだ改善しなければいけないことというのは多いのだけれど、好き好んで危険な状況に身を置きたくない、という発想は当然のことだと思う。

しかし、完全に安全か?というと、そんなことはあり得ない。
どんな企業に身を置こうが、どんな立場にいようが、いつも人生には危険がつきもので、大切なのはどういった危機回避をしていくか?ということになる。
危機回避能力を身につける方法は、ハウトゥー本にも教科書にも載っていない。

その最大の方法は
「目標を遠くに置く」
ことにある。
つまりは、目標に向かって進むべき道を想像し、起こりうる危険を考えることにある。
そのことに一番敏感なのは、創業者であったりする。
最も危険な状況に身を置いているのだから。
そこに鈍感になってしまうととてもマズイことになる。

独立開業は危険がいっぱいだが、
独立開業することで、身を守る術も身に着けることができる。

安全を考えて行動を起こさない人には見えない危険があるものだ。


posted by IKA at 18:02| Comment(0) | 仕事の事 「ビジログ」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ブログ紹介サイト
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ブログランキング【くつろぐ】
アクセス解析「なかの人」
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。