2015年12月02日

してやったのに

働くということは、誰かの為。

いま、コンビニのコーヒーを飲んでいる。
これは、コンビニの店員さんがいて、コーヒーを淹れる機械をつくった人がいて、豆をつくった人がいて、それらを運んだ人がいて、、、たくさんの人がいてコーヒーが飲めている。

その誰もが「飲ませてやった」とは思っていないし、こちらも「買ってやった」とも思っていない。
思っていない行為で世の中は成り立っている。その連鎖が続いているのが世の中だ。

建築もそうで、多くの職人さん達や監督や運送するひと、建材つくるひと、数えきれないぐらいの人の行為で出来ている。設計者もその中の一人にすぎない。

自分の立場を主張したいがために「してやった」というのは愚かだ。その自分の立場そのものが誰かの行為の上に立っているのに。

驕ってはいけない。

そう思いながらコーヒーを飲む今朝なのだ。今年もあと一カ月。誰かの為に仕事頑張らないと。
頑張る姿なんて見せなくていいんだけど、見られているのは嬉しかったりもする。
Thanks you!


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ブログ紹介サイト
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ブログランキング【くつろぐ】
アクセス解析「なかの人」
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。